エステティシャンの仕事


エステティシャンの仕事は、大前提として資格がなくてもできるものです。日本においてエステティシャンの国家資格はありません。
しかしもちろん、エステの需要が増加している昨今において自身のサービスのクオリティを上げ、お客様の集客を増やすためにも資格取得は大きな意味を持っています。公的なライセンスはなくとも、民間資格がいくつか存在しているのです。

その中にはボディエステの技能を修得したい者のための資格や、アドバイザーとしての資格、フェイシャルエステティシャンとしての資格などがあります。

これらの資格はエスティシャンのレベルを確認する上で一つの指標となるでしょう。

自身の知識と技能を磨く上でも資格取得は欠かせないものですが、もう一つ資格取得の強味として、就職に有利になると言う利点があげられるでしょう。エステ店と同じほどエステティシャンの志望者も増えている昨今、自身の実力を差別化するためにも資格取得に励んではいかがでしょうか。



←前へ  ↑エステティシャンの資格取得TOP   次へ→

最新記事