難易度が幅広くあるエステティシャンの資格試験


現在、エステティシャンの国家試験はありません。エステティシャンとしての資格取得認定試験としては、日本エステティック協会が実施している3種類の試験、または、日本エステティック業協会が実施している6種類の試験があります。

これらの試験は、難易度の高いものからあまり高くないものまで幅広くあります。最も難易度が高いとされている試験のひとつに、認定トータルエステティックアドバイザーがあります。

この試験の受験条件としては、認定エステティシャンの資格を有し、なおかつ3年以上の実務経験が必要となります。

一次試験から三次試験まであり、試験期間が長くかかります。

一次試験では論述式の筆記、二次ではフェイシャル、ボティ、ワックス脱毛、メイクアップ、ネイルケアの実技試験があります。

そして、この一次と二次を通過すると、三次試験では、実際の仕事場でのトリートメント記録を記入するケースヒストリーの提出となります。三月に試験申し込み後、三次試験までは翌年の一月までかかります。



←前へ  ↑エステティシャンの資格取得TOP   次へ→

最新記事