エステティシャンになるためには


日本にはエステティシャンの国家資格や公的資格はありませんが、サービスの多様化や専門性が広がる中で「衛生・安全面およびエステティックの基礎理論とフェイシャルケア・ボディケアの基礎知識ならびに基礎技術」を問う、日本エステティック協会主催の試験など、指標になる民間資格がいくつかあります。

実務時間などによって受けられる試験が違うので注意が必要です。エステティシャンになるにはスクールに通って資格取得をしたり、エステサロンに就職して働きながら技術を学ぶことになりますが、将来的に転職や独立、開業などを考えるなら資格取得をすることは信用面で強い味方になるでしょう。

化粧品の基礎知識から美容機器の使い方、施術法など学ぶ範囲は広いので、エステティックサロンだけではなく、スパやホテル、クリニック系のサロン、化粧品会社など多方面ぼ美容業界で活躍する場が開けますし、海外でも活躍できる「CIDESCOインターナショナルエステティシャン」などの国際資格にも、資格取得していることでより早く挑戦できます。



←前へ  ↑エステティシャンの資格取得TOP   次へ→

最新記事